JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイナー志向

[Ike Isaacs/At Pied Piper] Ike Isaacs 1967

なんとも渋い組み合わせ
ベースのアイク・アイザックス 
ピアノのジャック・ウイルソンと来れば
どう考えてもマイナーなアルバムです
特に
アイク・アイザックスというベーシスト
他にどんなアルバムに参加してたっけ
ちょっと思い出せない

けれど コレがなかなかゴキゲンなアルバム
こんなアルバムに出会うので
やめられないんですよね~ マイナー志向
一時 幻の名盤といわれていたのもうなずける

それにしても
ピアノのジャック・ウイルソン 絶好調です
アイク・アイザックスも控えめでいい感じ
リーダーがベースということで 無茶苦茶長いソロもないし
分をわきまえています

ノリノリのライブ盤 タイムマシンがあったなら
この日のパイド・パイパーに行って見たくなる
そんなアルバムです

でも良く見ると このジャケット不思議
こんな路上でベース弾く?
そして日本人らしい子供が持っているものは何?

Ike Issacs.jpg


Ike Isaacs (b) Jack Wilson (p) Jimmy Smith (ds)

1.Impressions 2.Mercy, Mercy, Mercy 3.I'll Drown in My Own Tears 4.Soulin' 5.Walk on by 6.Red "I"
スポンサーサイト

| こんな楽器の人も | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/442-abd11c3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。