JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お宝は後半にあり

[Take Love Easy] Sophie Milman 2007

彼女の3枚目のアルバム
天性の声
そして 生まれながらのディーバ
何を聴いても素晴らしいが

後半に泣けてくる 曲多し

10. I'm On Fire 12. 50 Ways to Leave Your Lover
止めがこの曲
13. Where Do You Start?


10. I'm On Fire はブルース・スプリングスティーンで
12. 50 Ways to Leave Your Lover
 ポール・サイモン
ってことは 意外とJAZZ以外の曲が好きなのかも
というより

JAZZアレンジの曲が好きなのかもしれません
しかし最後はジョニー・マンデルの曲13. Where Do You Start?

どんな意味なんでしょう
この3曲 今通勤中のヘビーロテーションです


Sophie Milman take Love Easy.jpg

1. Beautiful Love 2. Take Love Easy 3. I Concentrate On You 4. Day In, Day Out 5. Be Cool  6. My One and Only Love
7. I Can't Make You Love Me 8. That Is Love 9. Love For Sale 10. I'm On Fire  11. Triste 12. 50 Ways to Leave Your Lover 13. Where Do You Start?



Sophie Milman(Vo) Paul Shrofel, piano (1, 3-5, 7-11, 13, 14), Fender Rhodes (6, 12); Rob Piltch, guitar (1-13); Kieran Overs, bass; Mark McLean, drums (1-14); Wessell 'Warmdaddy' Anderson, alto saxophone (3, 4, 9, 13); Guido Basso, trumpet (5), flugelhorn (11); Robi Botos, piano (12); Michael Davidson, vibraphone (1, 5, 10); Michael Kaeshammer, piano and vocals (15); Rosendo (Chendy) Leon, percussion (6, 9-12); P.J. Perry, soprano saxophone (2); Tom Szcezesniak, accordion (6).

Additional Horns and Woodwinds:
Les Alt, alto flute (11); Guido Basso, trumpet (4), flugelhorn (7, 11); Richard Cohen, French horn (7); Vern Dorge, bass clarinet (11); Dave Dunlop, trumpet (4), flugelhorn (7); Al Kay, trombone (4, 7); Jason Logue, trumpet (4); Gord Meyers, trombone (4, 7).
スポンサーサイト

| DIVA | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/453-a982683a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。