JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秘蔵っ子

[EASY WALKER]Larry Fuller Trio 1998

レイ・ブラウンは誰もが認める名ベーシストの一人
残念ながら亡くなってなってしまいましたが
その レイ・ブラウンが晩年組んでいたピアニストがこの人
そしてドラムがジェフ・ハミルトン このトリオはナカナカ強力です


レイ・ブラウンが
ほれ込んだだけのことはあります
本当にアメリカのトリオらしいアルバム
ピアノトリオやっぱこうでなきゃね はと思わせます
よくスイングしてよく歌う

ラリー・フラーはドラムのジェフ・ハミルトンのリーダーアルバムにも
数々参加していて そちらもオススメです

このジャケットちょっとセンスないよな~

Larry Fuller Trio.jpg


SACD の日本盤のジャケットがコレ 嬉しいけどどうもな~コレじゃ

Larry Fuller Trio_02.jpg


Larry Fuller (p)Ray Brown (b)Jeff Hamilton (ds)

01. Groove Yard 02. In Like Flynn03. Hymne a L'Amour04. Ray's Idea 05. Easy Walker 06. Caravan 07. Compassion 08. Honey Suckle Rose09. Consider10. Candy's Blues 


スポンサーサイト

| Piano | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/460-a50423fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。