JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

好みにぴったり

[Introducing Robin McKelle] Robin McKelle 2006


久しぶりに
 ジャケ買いした一枚
何のてらいも無い横顔に ロゴ
思わず買いたくなってしまいます

ロビン・マッケル いや~買ってよかった
好みのボーカルでした

ちょっと自分の好みを考えてみると
まず ハスキー スモーキーな声
低くて太い声
そして豊かな声量

透き通るような声は苦手なんですね コレが
それと カントリーぽいのも
○○ジョーンズとかね

デビューアルバムながら堂々とした歌いっぷり
ビックバンドを率いてとは 恐れ入りました

ちょっと レイチェル・プライスに似ているかも

album-introducing-robin-mckelle.jpg


robin-mckelle-L-1.jpeg


Robin Mckelle (Vo)


1. Something's Gotta Give  2. Bei Mir Bist du Schon  3. Night & Day  4. For All We Know  

5. You Brought a New Kind of Love  6. Dream  7. Yes, My Darling Daughter  8. Deep in a Dream  9. I've Got the World on a String  10. Come Rain or Come Shine  11. Lamp is Low  12. On the Sunny Side of the Street

スポンサーサイト

| DIVA | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/462-ef597096

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。