JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やってられん

[It's Morrissey,Man!] Dick Morrisey Quartet

何がやってられんて 
このジャケットのベーシスト
「何で僕だけ こんな重いもの持って 歩かなきゃいけんの」
そんな声が聞こえてきそう
解る解る
まず線路歩く意味あるの???

ディック・モリシーというイギリスのテナーサックス奏者のアルバム
一番前を歩いている人がその人
このときなんとまだ弱冠20歳です

もう少し楽しそうな顔をしたらいかがといいたくなりますが
演奏する曲にやる気が表れてます

だって一曲目がロリンズの
セント・トーマスですよ
その意気やよしです

早熟な天才テナー奏者の一枚

D.Morrissey 1.


Dick Morrissey (ts) Stan Jones (p) Malcolm Cecil (b) Colin Barnes (ds)

01. St. Thomas (S.Rollins)02.  Cherry Blue 03. Bench In The Park 04. Sancticity05.  Mildew 06.Puffing Billy 07.  Gurney Was Here 08 Happy Feet 09. Where Is Love10. Dancing In The Dark 11. Wiilow, Weep For Me 12. Jellyroll





スポンサーサイト

| このジャケットが素晴らしい! | 21:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

っていうか2番目の人

v-106v-107v-106v-107ビートルズのアビーロードみたいなパクリみたいなジャケットですね。笑えるのは2番目のおじさんv-208。ピアノなんでしょう。流石ににピアノは持ってけないから鞄だけ持ってまるでセールスマン。なんだか笑えるv-290

| れいれい | 2010/08/09 23:15 | URL | ≫ EDIT

確かに

そうだよなぁ~ 
このかばんの中に楽譜が入っているのでしょうか?

| The Lonely One | 2010/08/10 06:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/466-e8752ad9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。