JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とろけそう

[To Love Again] Chris Botti 2005

スムーズJAZZって言葉 あまり好きではないんですが
かといって どんな言葉がいいのか
フュージョンやクロスオーバーなどいろいろいわれてきましたが
もっといい名前ないのでしょうか

そんな スムーズJAZZの貴公子と呼ばれる
トランペッターのクリス・ボッティ
確かにイケメンです

その彼が 豪華ゲストをフューチャーして
作ったラブソング集

う~む とろけるような トランペットの音色 たまりません
軟弱といわれようともたまにはこんなアルバムでまったりと

JAZZ界だけではなく ほかの分野でも引っ張りだこらしく
一時はスティングのツアーにも参加していたとか
そんな訳で2曲目のゲストがスティングなのかも
甘いように見えて 相当なテクニックありと見ました

しかしこんなイケメンで こんな風にトランペット吹いちゃったら
女子共はイチコロでしょうね・・・

Chris_Botti_To_Love_Again 


1. Embraceable You 2. What Are You Doing The Rest Of Your Life? - featuring Sting 3. My One And Only Love - featuring Paula Cole 4. Let There Be Love - featuring Michael Buble 5. What's New? 6. Good Morning Heartache - featuring Jill Scott 7. To Love Again 8. Are You Lonesome Tonight? - featuring Paul Buchanan 9. Lover Man - featuring Gladys Knight 10. I'll Be Seeing You 11. Pennies From Heaven - featuring Renee Olstead 12. Here's That Rainy Day - featuring Rosa Passos 13. Smile - featuring Steven Tyler
スポンサーサイト

| ク~とくるトランペット | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/469-b05a2aa8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。