JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もジャケ買い

[Rhoda Scott Ballades No. 1 ]Rhoda Scott

明けまして おめでとうございます
今年もよろしく お願いいたします

いつの間にか 8万アクセス突破とは 
いやはや 信じられません 
三日坊主で終わると思ったblogも4年を超えました 

なかなか 更新も進みませんが
ボチボチやっていきますので よろしくお願いします

てなわけで 今年の最初のアルバム
ジャケ買いした一枚
ハモンドオルガンの前でにっこりする美人

ローダ スコット 全然知らない人でしたが
アメリカからフランスに渡り フランスでは有名な人らしい
オルガン・クイーンと呼んでいる人も

オルガンとドラムのデュオ
確かにオルガンって足鍵盤があるので
ベースはいらないのかも

ハモンドの泣きが心地よい アルバム
好評だったのか No3までリリースされています

Rhoda Scott__SL500_ 

1. Summertime 2. Ballade for Doriane 3. Long Ago (And Far Away) 4. Never Let Me Go 5. Misty 6. Groggy 7. Tenderly 8. Manhattan

スポンサーサイト

| このジャケットが素晴らしい! | 01:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

憧れ

こんにちは。

憧れます、「ジャケ買い」という言葉。
中身の音楽とは角度の違った「自己表現」が
なされているのですよね、ジャケットには。

>オルガンとドラムのデュオ
>確かにオルガンって足鍵盤があるので
>ベースはいらないのかも

あ、なるほど・・・と思った今です。さすがは
ロンリーさん。

拙ブログも再開は未だ少し先になりそうですが、
今年もどうぞ宜しくお願い致します。(^^)

| ぺろんぱ | 2011/01/08 12:22 | URL | ≫ EDIT

憧れですか

ミュージシャン誰が誰だかわからない時は
ジャケットしか手がかりがなく
それも 中古で1000円くらいのアルバムなので
憧れといわれると ちょっと恥ずかしいですね

「ジャケットが良いものに駄盤なし」
という 名言がありまして
確かにそういえばそうなんですが
最近はプレーヤーの写真がめっきり減って
関係ないデザインのものが多く 判断が難しいです

ハモンドオルガンが登場した時は
ベーシストが失業するのではと言われたそうです
しかし 結局 ベース入りのオルガントリオ多いですね

ブログ再会 楽しみにしていますよ


| The Lonely One | 2011/01/09 14:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/487-decbf335

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。