JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港ノワールの継承者

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」
 ジョニー・トー監督2010


香港ノワール(フイルム・ノワールから名づけられた)
の旗手ジョン・ウー監督がハリウッドで大作を撮るようになって
その正統的な継承者は
間違いなく ジョニー・トー監督だと思います
(この監督の「エグザイル・絆」を見て 
勝手に任命した次第)

そのジョニー・トー監督の最新作 
主演はジョニー・アディリーという フランスのロック・シンガー
全然日本では知られていなく 小生も知りませんでしたが
あの シルビー・バルタンの元だんならしい

ジョニー・トー ワールド炸裂
独特の様式美で泣けます

基本的な筋は
日本の任侠映画にも通じる 復讐もの
しかし 画は 凝っていてCM風な画も
そのアンバランスが 大きな魅力

でも「エグザイル・絆」の方が
一つの頂点だったような気がします

各国のポスター お国柄が出ていて面白い

vengeance_johnnie_to_b.jpg

 一番 らしくないな~

vengeance_9.jpg 


Vengeance_posterOrig.jpg
 

主人公が使う銃はダブル・イーグル
コルト・ガバメントの進化系ですが 人気がなくあっという間に消えてしまいました
この銃を選ぶところが この監督らしい

Doble Eagle 








スポンサーサイト

| 最近みた映画 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/488-165ae5f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。