JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒゲのピアニスト

[In Person] Vince Guaraldi

ヴィンス・ガラルディがお気に入りのピアニストで
という人に会った事がない
ということは とりもなおさず 間違いなくB級ということでしょう
実力ではなく 人気という点ですけど

この人のイメージはなんといっても
スヌーピーのクリスマス アルバムですが

こんなアルバムもあったんですね
中古CDショップで見つけて 即GETしました
ライブ盤があったとは
(値段も驚くほど安かったんで)

63年の吹き込み 時代を反映して
ラテン フレバーたっぷりです

ちょっと哀愁を帯びているのが ミソ
このFantasy レーベルから結構アルバムリリースしているので
看板ピアニストだったのかも?

しかし このヒゲすごすぎる 

guaraldi_personf.jpg 

Vince Guaraldi(p) Fred Marshall(b) Benny Velarde(scratcher) Eddie Duran(g) Colin Bailey(dr)

1.Zelao 2.On Green Dolphin Street 3.Misirlou 4.Forgive me if I'm Late 5.Jitterbug Waltz 6.Outra Vez 7.Freeway 8.The Love of a Rose 9.Chora Tua Tristeza
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/510-68472bc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。