JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これだけ違うっていうのは

[Haunted Heart] Hilary Kole 2008

まだ7月ですが 今のところ
今年のジャケ No.1
こんなジャケットが中古のコーナーにあれば誰でも
手を伸ばすというもの

胸元がまぶしすぎる


ヒラリー・コール 美人シンガーとはよく言いますが
意外と美人でなかったりする人もいて…
でも この人間違いなく 正真正銘の美人シンガーです

白人シンガーらしい声
欲を言えば もうちょっと個性的だったら
満点なんですが

ギターのジョン・ピザレリが参加していますが
プロデューサーも彼らしい
こんな美人だったら 誰でもサポートしたくらるわな~

オリジナルジャケットよりも この日本盤の方が
ずっとすばらしいできです

Hilary Kole 

こちらが オリジナルジャケット 同一人物とは思えん

HilaryKole_haunted.jpg 





Hilary Kole(Vo)Tedd Firth(P)Paul Gill(B)Mark McLean(Ds)John Pizzarelli(G)


1. It's Love 2. There's a Small Hotel 3. 'Deed I Do 4. I Didn't Know About You 5. Better Than Anything 6. Like a Lover 7. Blackberry Winter 8. The Snake 9. Old Boyfriends 10. How Am I to Know 11. What'll I Do 12. You for Me 13. Haunted Heart 14.Windmills Of Your Mind
スポンサーサイト

| DIVA | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/513-aa4130de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。