JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大向こうをうならせる演技

「トゥルー グリット」 コーエン兄弟 監督 2010

ジェフ・ブリッジス マット・ディモン ジョシュ・フローリン バリー・ペッパー
このキャスティング 誰が考えてもすごい
名優ばかり 存在感たっぷり
この面々と競演するとなると 誰でもビビル

ところが たった14歳の少女がやってくれました
この西部劇の名作「追跡者」のリメイク 「トゥルー・グリット」
の少女役 ヘイリー スタインフェルド
他の全員をくっちゃいました

助演女優でいろいろな賞を受賞しましたが
彼女が主演といってもいいでしょう
すごい女優が現れたものです

ジュディー・フォスターの再来といわれているそうですが
彼女のほうがうまいと思います

「ノーカントリー」でアメリカの正義や良心から訣別したはずの
コーエン兄弟
まったく正反対の映画です

この頃の生活がリアルに描かれています
カメラは名手 ロジャー・ディーキンスです

True-Grit.jpg 

この子が ヘイリー スタインフィルド

true_grit_004.jpg 



スポンサーサイト

| 最近みた映画 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/530-904d821b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。