JAZZ 時々 CINEMA

つれづれなるまま JAZZとCINEMAについて書いてみた

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国まで達するって

「チャイナ・シンドローム」ジェームズ・ブリッジス 1979

すでに30年以上前の映画
しかし この福島第一原発事故を目の当たりにすると
なんとも 意味深い

チャイナシンドロームとは 
原子力発電所で起こりうる最悪のシナリオ
核燃料が溶け出し (メルトダウン)し
原子炉容器や原子炉格納容器の下へ突き抜けること
高温の核燃料が溶けて地中深く浸透し
地球の反対側 中国まで達するという
一種のブラック ジョーク
そのようなことは起こらず
地下の水蒸気に反応して
高濃度の放射能物質を撒き散らすという
最悪の状態に至る

今回の福島の事故も
間違いなくメルトダウンし
もう少しで原子炉格納容器を突き抜けるところまで行ったと思う

プロデューサーがなんと出演もしている マイケル・ダグラス
こんな骨のある映画を作っていたんですね

ジェーン・フォンダもいいですが 
なんといってもジャック・レモンの演技が光る

この映画の公開のすぐ後に あのスリーマイル島事故が起こり
皮肉にも映画は大ヒットしたそうです
アメリカの映画のすごさを 再確認させられます


chaina.jpg 


スポンサーサイト

| 最近みた映画 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jazzcine.blog79.fc2.com/tb.php/533-9ad54ef1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。